空き部屋が急増している中でのAirbnbの活用

近年は住宅ローンなどの問題で、自宅を手放している世帯主が多くなっている中で、都会を中心に空き部屋が急増している傾向です。リストラなどの要因でローンが残っている中で、住宅を手放している人が自宅を他の人に譲渡しないで、Airbnbとして活用する事は有効的であると考えている人もいます。
Airbnbは基本的に旅館に関する法律に則って制度化をしていないので、旅館の法律の観点から問題視されています。しかし、既に世界各国で主に旅行者などを対象として、部屋の貸し借りのサービスを行っている事が実状で、結果的には旅館に関する法律には問題はないと解釈をしていて、多くの人がまるで自宅のように快適に過ごしてい事が現状です。しかし、国によっては違法であるという事で摘発をされている所もあって、完全に合法として設計をしていないという事が実状です。あくまでもビジネスとして展開している事で、旅館などの法律に照らし合わせて、合法として活用する方向性になれば、さらにAirbnbは世界各国で広まりを見せる展開になる事を期待しています。
ホテルや旅館などの宿泊施設に関して、旅館に関する法律でベッドや部屋などをお金の代わりに人に貸し出す事を認定されています。Airbnbの場合は、旅館の法律と全く同じように宿泊のための料金を支払って、宿泊させる行為とは言えないが、合法かどうかのチェックをしながら認められる場合が殆どです。
空き部屋が多くなっている都会で、シェアハウスとして賃貸の経営をして住まいとして活用している法人もあります。Airbnbとして利用者のニーズに沿って、空き部屋を活用していく事で、誰も住まない家の取り壊しを防げたり、シェアで友人と部屋を利用して楽しめます。利用者と提供者の双方のニーズが合致する事で、ビジネスのチャンスにも繋がる可能性も高くて、提供をする人が収入を大きく得られる可能性もあります。空き部屋をビジネスとして活用すれば、食べていくための糧が1つ増えます。

SNSでもご購読できます。