Airbnbを利用したくない理由

最近は特に海外でAirbnbが人気です。Airbnbとは有料で宿泊施設を提供するサービスの事ですが、ホテルや旅館とは異なり提供するのは基本的に一般人です。もちろん事前にAirbnbに登録が必要で、登録したホストが宿泊施設の提供をすることができます。提供する部屋や物件は様々あり、まるで友人の部屋のような雰囲気の部屋から、別荘の邸宅一棟を提供するところもあります。宿泊人数や場所によって特徴はありますが、基本的には現地のアットホームな雰囲気を肌で感じて楽しんでもらうためのサービスです。海外では特にバックパッカーのような人が多くいるため、安く宿泊できて、さらに現地での雰囲気を楽しみ、人との交流を楽しみたいという人にはオススメのサービスです。日本国内でもAirbnbに登録されている物件は東京だけでも1000件以上あり、宿泊したい地域や場所から検索することもできます。そんなAirbnbのサービスですが、もし私個人が利用したいかどうか、と問われれば、答えは即ノーです。もちろんAirbnbのメリットや魅力についてはある程度把握しているつもりですが、そうかといって自分が利用したいとは思いません。その理由としては、根本的に他人の部屋に宿泊するというのが好きではないからです。ホテルのように宿泊施設に泊まることには抵抗がありません。しかしAirbnbのように、居住者が住んでいる雰囲気があったり、他人の部屋感があるのに抵抗があります。他人の部屋に入る感じだと、その部屋の物を使用するのにためらいがあり、精神的に疲れてしまいます。そのため、安い料金だとしてもお金を払ってまで精神的に疲れたくないというのが本音の部分です。私のように感じる人は意外に多いかもしれません。旅行先くらいではリッチなホテルに宿泊していいサービスを受けたい、という人もいます。またセキュリティの面からもAirbnbの利用には抵抗があります。セキュリティが完全に安心という保障もないし、不安な気持ちをもって過ごすくらいなら利用しない方がいいと思ってしまいます。

SNSでもご購読できます。