旅行に行った時に、個人宅に滞在するAirbnbで宿泊する場合と、通常のホテル宿泊はどっちが良いのか、メリットを考えてみてください。
ホテルに宿泊すると自分専用の部屋が用意され、お風呂やトイレや洗面所など必要な設備は整っています。一方でAirbnbで一軒家を貸切状態にすることができますが、この場合はホテルの比ではなく、全ての許可された部屋は使うことが出来ますし、お風呂、キッチンなど必要な場所は必要なときに利用ができます。
ホテルの場合は管理者やほかの利用客もひっきりなしに出入りするのですが、一軒家をAirbnbで借りる場合には、人と顔を合わせるという必要はないんです。
しかしAirbnbでは一軒家の一部屋だけを借りるという場合があります。この場合には家主が住んでいる中に入っていくということになります。借りた部屋の使用は自由ですが、風呂やキッチンなどは一々家主に使用を告げて行く必要はあるでしょう。それは最低限のマナーということになります。
Airbnbで一部屋だけを借りることは、多くの場合は非常に安い料金で済むことになります。ホテルの宿泊費よりずっと安くなることがあって、節約の旅行をしたいとなれば、この方法は採用してみてもいいかもしれません。2~3泊程度であれば、ストレスにもならないでしょうし、むしろ旅行の思い出としては最高ではないでしょうか。
ホテルでも旅行の思い出は作れますが、一般の住宅に泊まれるという経験は滅多にできないことです。一度しか出来ないのかもしれません。ホテルならそのホテルがある限り何度でも宿泊にいけます。そういった違いは出てきますので、価値ある旅行にするならAirbnbを利用したいという人も増えているのです。
インターネットでAirbnbを検索してみると、日本国内の観光地でも、Airbnbの宿泊をできるお宅はけっこうあるのです。京都や東京などは勿論、観光の名所がとても多い場所なので、Airbnbを可能とするお宅も多くなっています。旅行はAirbnbを利用するのも楽しみ方のひとつです。